カヨウ宗一郎のブログ

朝 おはようって、夜 おやすみって言える人が居るのって幸せだよね。

「親友から学んだこと~○○な人こそ成功する説〜

お久しぶりです。カヨウ宗一郎です。


前回の更新からかなり過ぎてしまいました。

更新しない間に
アメリカと宮古島に行ってきました。

f:id:Kayosoichiro:20160912214716j:plain

 

写真はグランドキャニオンでの今シーズンナンバーワンの一枚。笑

 

死ぬほど遊んだ♪ たのしかっぱ~~~♪

 

 

さて今日は

 

僕の親友について

なぜ、親友の話?

親友から学んだこと~◯◯な人は成功するんだろう~

 

のお話をします。

 

僕のブログはずっと僕の周りの人を褒めるブログになってしまうのではないかと不安です。笑

 

親友とはなにか?
ウィキペディア兄さんによると「とても仲が良い人。」 だそうです。(笑) ざっくり

 

僕の親友について

僕は幸運なことに

同級生 先輩 後輩 関わってくれた人がみんな素晴らしい人なんです。

自慢は少ないけどこれは自慢できること。

 

両親、家族、屋部のみんな、名護高校のみんな、大学の友達、たくさんのことを教えてくれる社会人の方々、先輩、後輩 

 

みんな尊敬しているし(みんなではないかw)

 

だからみんな大好き!なのだけどあえて親友を挙げなさい!と言われるなら

 

大城光平(幼稚園から)
岸本匠 (幼稚園から)
大城壮 (高校から)

荻堂盛生(高校から)
上原崇利(大学から)
儀間勇樹(大学から)


この6名かな~~~

僕にはこの6名の大切な親友がいます。全員には共通点があります。

きっと成功する6名です。覚えてください。

 


ちゃんと本人には言ったことないし、いつも毎日一緒にいるわけでもないのだけど。

 

みんな好きだから友達と親友の違いの具体的な定義もないのだけど、頭に浮かんだのがこの6名で、多分相手も思ってくれているだろうなと。


俺の結婚式は誰が喋るのかな~~~

おれの奥さんだれかな~~~


全員とのエピソードを書いたら、読むのに1285438日かかるのでやめときます。笑

 

なぜ、親友の話?


最近アメリカ留学中の親友:儀間勇樹とまるまる1週間ずっといて


やっぱり好きだなーと思ったのと、色々と自分の感じたことを整理すると”親友”というキーワードが自分の中で出たのだ。

 

儀間の話

 

 

f:id:Kayosoichiro:20160912214806j:plain


こいつね。笑

 

まだ儀間勇樹という男の事を知らない方はぜひ覚えてください。
賛否ある奴ですが、いつか必ず沖縄を代表するなにかしらになっています。


儀間とは去年 Movementという団体を立ち上げて 1200名を動員したMovement2015というイベントを開催しました。
最高のメンバーと周りの皆さんのサポートに本当に感謝!!!

Movement Facebookアカウント

https://m.facebook.com/movnment1115/

Movement Twitterアカウント

@movement1115

 

Movementの話は今度するとして。笑

 

儀間との出会いは2015年の1月 某イベントの打ち合わせでした。


初めて会った時にビビッときたんです。

 

 

 

 

 


「こいつ嫌い」

 

 

って。笑

 

承認欲求、自己顕示欲、知ったかぶり、自信過剰、自意識過剰、思いやりの欠如etc.

 

人に嫌われるために生まれてきた、人に嫌われる要素の塊、意識高い系大学生のオバケみたいな第一印象でした。


そんな最悪の第一印象から3か月後の3月26日。

彼からLineがこう来ました。

 

「沖縄 動かさん!?」

 

もうあまりにも気持ちが悪いのでブロックをしたわけですが。冗談


ここからの詳しい話はいつか「Movemenってなに?」で書きますね。


そんな第一印象の儀間とも
2人で腹をくくって1000名規模のイベントを開催するために喧嘩も愚痴の言い合いも本当にたくさんのことを一緒にして、闘って、走り抜けて、いまは親友となりました。

 

儀間は僕が知っている同世代で1番純粋な男です。

某会社会長との面談中の話。

 

儀間「学生時代にこれだけはするなということはありますか?」

 

会長「意味のないことをしないこと。だから自分だけが気持ち良いオナニーだけはするな」

 

会場の全員が自己満足のための活動をせず、しっかりと意味のあることをしろ!というメッセージを受け取りましたが、儀間は違いました。


彼のスケッチブック(かなり大きいスケッチブックを謎にいつも持ち歩いています。)には

「これから一生オナニーしない」という決意が書かれています。

 

儀間は純粋で世間知らずで、賢くないという取り柄を活かして

 

【めっちゃスケールがデカい】のです!

 

儀間はよく

世界一になるためには とか おれは70億人背負うのか~とか言います。

 

カヨウ宗一郎という人間の小ささを儀間は教えてくれます。


そんな純粋な儀間は結構 凄い奴で
原チャリで日本縦断したり、プレゼンの大会でアジアナンバーワンになったり、今はシリコンバレーで色々とやっていたり。


まぁ、そんなことはどうでもいいとして。笑

 

 


儀間が凄いのは

「見返りを求めずに、誰にでも激しく与えることが出来る最強の人たらしであること」


これが本当に凄い。

 

僕は今回アメリカに
1人暮らしのアパートから60キロ離れた実家に帰るくらいのテンションと準備で行ったのだけど

 

住むところはもちろん、おすすめの観光地、食べ物、そこへいくための交通手段も全て用意してくれた

(僕が逆の立場なら確実に抹殺している)

 

しかも9月はあと2人も1週間ずつ受け入れるらしい。(僕だったらメキシコに亡命している)

 


儀間は普段 天然なキャラクターで 正直あほっぽい。

 

だけど儀間は母子家庭の長男としての顔を持っている。

 

周りには言わないけど
お母さんを支えるために、家族を喜ばせるために本気で頑張っている。

 

結構 というか かなりきついはずだけど愚痴や弱音を聞いたことがない。

 

最高の息子であり、最高の兄であり、カッコイイ男だ。


先日、儀間は海外旅行に行ったことのないお母さんに海外旅行をプレゼントした。
そして今年の正月もお母さんを海外に連れていくようだ。

 

また儀間自身が進路選択の際に、もっと世界を知りたかったという理由で来年 高校を卒業する妹を海外へ連れていくそうだ。


プレゼントのバリエーションが海外だけという感じは儀間っぽいのだけど。

 

妹にマイケルコースの時計をプレゼントすることでさえ渋っている僕に比べると。。。


また沖縄にいるときは儀間が通う名桜大で名桜大生のために自身は活用出来ない奨学金を作ったりと、様々な制度や仕組みを作った。


僕をもてなすこと。
家族とはいえ、海外旅行に連れていくこと。
自身は活用出来ない自分が知らない誰かが使う制度・仕組みを大学に作ること。


何一つ 儀間にとってメリットはない。むしろ労力を使ってマイナスだ。


そんなことを当たり前に、見返りを求めず、それも激しく出来る。最強の人たらしなのだ。

 

 親友の共通点~◯◯な人は成功するんだろう~

 

僕の親友は全員違ったタイプ、真逆のやつもいるけど

 

「見返りを求めない最強の人たらし」という共通点がある。

 

僕は彼らに比べると これだけしたから見返りくださいよ。てきな所がまだある。

 

だから僕にとってみんなに会うたびに刺激になるし、こういう人間になりたいと強く思う。

 

彼らにはたくさんの信者がいる。 

 

儀間は儀間教と言われるくらいで、彼のマネをしてスケッチブックを持ち歩いている名桜生を何人も見た。

  

大城壮は毎回 集まりに呼ばれる。みんなに愛されている彼がいないと会が盛り上がらないのだ。

 

なぜ、僕の親友「見返りを求めない最強の人たらし」達が成功すると思うかというと

 

それはどこに言っても彼らの噂を聞くからだ。

 

戦略的にこの人にこれをしたら、これだけのリターンがあるぞ。っていう風な生き方をしている友達の友達界隈なんて知れてるし、噂を話す人も限られてる。

 

もしくは与えることをしていない友達の友達の数や、噂を聞く回数なんてほとんどない。

 

でも、彼らの噂は本当に謎な界隈から聞くこともある。

 

ネットワーク自体に価値はなく、誰かに対して激しく与えた結果にこそ価値がある。と様々な活動を通して僕は思う。

 

加えて

自分だけが得をするためにネットワークを使うこと と 誰かを幸せにするためにネットワークを使うこと 

 

二つのネットワークの広がり方の違いとそもそもそのネットワークの価値の違いも感じる。

 

彼らはそれを知っているもしくは意識せずとも出来るのだと思う。

 

「与えること」の重要性は知っている人が多いと思うけど、なかなか出来ている人は少ないのではないだろうか? 僕もそうかも。

 

「まず見返りを求めず、激しく与えてみること」=「最強の人たらしへの近道」

 

与えることには本当に力があると思う。

 

人生のどん底 彼女にふられる、失敗するなどなど の時に 僕を助けてくれたのは、僕が過去に何かしらを与えた人たちだった。

 

イベント運営、プロジェクト進めるときも辛いときこそ敢えてまず与えてみると

100倍のリターンをもらうときもある

 

最強の人たらし is  最強に最幸の人

 

リターンとか考えずに

親友たちのマネをして僕も激しく与える人間になる!!!頑張るん!!!

*ただのいい人にならないように。

 

ありがとうございました。

 

カヨウ宗一郎
1994年10月28日生まれ
沖縄県名護市出身
屋部小学校 屋部中学校 名護高校を卒業。
日中関係の悪化、報道と現地のギャップを目の当たりにして、交流を通した平和の実現を目指して琉球大学観光産業科学部観光科学科に入学。現在、4年生(昨年、休学していたので5年生で卒業)
学生団体 Movement 代表
(一社)沖縄大学コンソーシアム 沖縄学生会議 副代表
沖縄国際映画祭 学生応援団連合会 会長
名護観光大使 第6代目ガジュマル王子
沖縄テレビOTV) 098TV 制作スタッフ
G1カレッジ2016 沖縄県コミュニティーリーダー
株式会社パラドックス インターン
好きな言葉
世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。
全ての原因、我にあり。
趣味
マリンスポーツ ゴルフ(まだ下手) ドライブ カフェ巡り

8月26日 政治家が世の中に媚びないといけなくなってしまっている

こんにちは。カヨウ宗一郎です。

 

台風の影響で 今週予定されていた富士登山がなくなって、今年1で落ち込んでいるカヨウ宗一郎です。笑

 

 

f:id:Kayosoichiro:20160826115717j:plain

(名護市の嘉津宇岳で富士登山前にトレーニング)

 

この時は本当に楽しみにしていたのにな。。。泣

 

前回もたくさんの皆さんに読んで頂き、ありがとうございます。

素敵な親父だと皆さんに言って頂き、嬉しいです。

8月23日 親父の話 - カヨウ宗一郎のブログ

 

さて、今日は

「政治家が世の中に媚びないといけなくなってしまっている」

 

というテーマで書きます。

政治の話ですが、政治だけでなく僕たちの普段の生活にも言えることなんだろうなと思います。

 

この話を今日 書きたくなったのは、多分昨日参加した学科の後輩の飲み会がとっても素晴らしいと思ったからだと思います。

 

1ヶ月くらい前の話です。

40代~50代の先輩から連絡があって

「4名で飲んでいるから来なさい!」

 

とのことだったので嬉しくて行ってきました。

 

先輩方の

政治・経済・社会・そして生き方に対する考え方は毎回 勉強になります。

 

しかしその日 ある先輩がこんなことを言いました。

 

「◯◯は政治家になって、調子にのって俺たち仲間の飲み会に来なくなった」

 

すると他の先輩も

 

「◯◯は政治家になってから地域のイベントにも来なくて仕事してないはずよ。」

 

話題になっている政治家の方は僕もお付き合いがあって

”政治活動報告会”や”自身の政治勉強会”、”議会活動”もかなり頑張っていてしっかりと結果も出している印象があります。

 

最初は冗談なのかと思って笑って聞いていたのですが、”仲間”とは思えないこの会話でずっと盛り上がっていました。

 

「俺たちを見捨てて、つぎ(の選挙)は考えないといけないな~」

 

そこで僕が

「政治家の仕事ってこの飲み会に来たり、地域のイベントに来ることなんですか? 付き合い仕事ですよね。僕もそう思います。でも付き合い仕事ではないですよね?」

と聞くと

 

盛り上がっていた空気が凍りついて

「何もわかってないくせに!」と死ぬほど怒られました。笑 

もうめっちゃ怒られました。

 

僕はいま”付き合い”を否定しているではないんです。

 

付き合いから生まれるお仕事があることも理解していますし、実際に頂いています。そこでしか聞けない話、出来ない話があることも理解しているつもりです。

 

一人一人に会って丁寧にお話を聞く、いわゆるどぶ板の活動も政治家として必要だと思います。

 

しかしよくよく話を聞いても

「仲間が政治家になったことに対する妬み」

「仲間が飲み会に来なくなって寂しい」いわゆる かまちょ。なんです。

 

「政治家の仕事は、地域のたくさんある課題を吸い上げて、それを一つひとつ具体的に解決していくこと。現状、この地域にはたくさんの課題があるじゃないですか。ここに来ないでその課題に取り組んでいることを仲間として誇るべきだし、政治活動をしっかりとしているかどうかを監視する材料は飲み会に来るかどうか、地域のイベントに参加するかどうかだけではないと思います。

ここに来ているから仲間。来ていないから仲間ではないというのは、そんなのもはや仲間ではないと思います。」

 

と僕が言うと もう。笑

おとなしくその飲み会から帰りました。笑

 

例えば

基地反対の政治家の方

 

基地反対を公約に掲げた方の仕事は「基地反対」と言って基地の前で県民と座り込むことではないと思うんです。

 

基地に対して反対するために、表ではみえずらい交渉などで、県外、海外に移設、もしくはこの世界から基地をなくすために《政治家にしか出来ないこと》をしっかりとやっていくことだと思うんです。

 

でも、現状そうなっていない。

 

逆もそうですね。

 

問題提起としては

もちろん政治家にも問題がある。

 

しかし

 

「政治家が政治家になっても政治活動が出来ず、選挙活動をせざるをえない。それはしがらみでがんじがらめにしている私たちの民度」が問題ではないかということ。

 

ある地域の組長に近い人の話では

「Aさんは組長になってから、朝から地域のグランドゴルフ、公民館でのイベント、ビーチパーティーなどで挨拶をするために夜までスケジュールがパンパン。選挙で掲げた公約を実現するための行動も、政治家としての勉強もままなっていない。」

 

とのことでした。

 

その組長Aさんにもかなりの問題があると思うけど、そうさせてしまっている私たちにも問題があると思うんです。

 

そういったことを割り切って考えられるほど民度が高まっていないから、政治家の質も上がらないのではないか?ということです。

 

 

後輩の飲み会の話。

彼は1年間 沖縄を離れます。

1年間 自分のやりたいことをするために沖縄を離れます。

 

昨日はそんな彼の送別会でした。

みんなが彼のやりたいことを応援して、帰ってきたらまた話そう、飲もう。成長するまで帰ってくるな。って言っているんです。

 

どれだけ距離ができてもずっと繋がっていて、帰ってきて 大きく成長した彼を受け入れて、応援できるみんななんだろうなと感じました。

 

仲間ってそういうものだと思うんです。

一緒にいるために媚びたり、一緒にいてなれ合うためのものではないと思うんです。

 

お互いのやりたいこと、やっていることを応援する。

生き方を尊重する。

間違っていることはしっかりと指摘する。

高めあっていくことができる。

 

こういうものだと思うんです。

 

とってもいい仲間を作ること、作るために真摯に人と向き合うことは政治家だけでなく、誰しも必要なこと。

 

その前に

僕ら自身が ”誰かを応援できる素敵な仲間の1人” になること。

 

そうやって、足の引っ張りあいじゃなくで、お互いの高め合いが出来ればもっともっと素敵な世の中になると思うんです。

 

 

新しいことに挑戦してもがいている仲間に


「付き合い悪くなった」「俺たちを見捨てた」などと言って足を引っ張っていませんか?

 

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

カヨウ宗一郎
1994年10月28日生まれ
沖縄県名護市出身
屋部小学校 屋部中学校 名護高校を卒業。
日中関係の悪化、報道と現地のギャップを目の当たりにして、交流を通した平和の実現を目指して琉球大学観光産業科学部観光科学科に入学。現在、4年生(昨年、休学していたので5年生で卒業)

学生団体 Movement 代表
(一社)沖縄大学コンソーシアム 沖縄学生会議 副代表
沖縄国際映画祭 学生応援団連合会 会長
名護観光大使 第6代目ガジュマル王子
沖縄テレビOTV) 098TV 制作スタッフ
G1カレッジ2016 沖縄県コミュニティーリーダー
株式会社パラドックス インターン

好きな言葉
世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。

全ての原因、我にあり。

趣味
マリンスポーツ ゴルフ(まだ下手) ドライブ カフェ巡り

8月23日 親父の話

 

こんにちは。カヨウ宗一郎です。

 

f:id:Kayosoichiro:20160823171111j:plain

 

昨日 沖縄県今帰仁村の古宇利島で泳いできて、今年1番の笑顔が出ました。笑

日焼けが凄いです。

 

初投稿はたくさんの皆様に読んで頂けて嬉しいです。今日もありがとうございます。

 

先日、自分のやっていることに対する批判を頂きました。結構 痛烈に。笑 

あまり気にしていないのだけど、少しは落ち込む。笑

 

そんなときには親父のことを思い出します。

 

ってことで

今日は俺と親父の話をさせてください。

 

f:id:Kayosoichiro:20160823171552j:plain

 

この前 2人でゴルフに行った時のやーつ

僕が大学付近に1人暮らしをしていることと、親父が仕事で県外にいることが多いので、最近はなかなかこうやって2人でゆっくりと過ごす時間がなかった。

 

父「そーいちろー」

そ「なに??」

父「お父さんまだま頑張ろうな~」

そ「なんね、いきなり?笑」

 父「お前が俺の息子だからさ。だから俺は頑張れる」

そ「意味わからん。笑」

 

小学校4年生にあがる前までの親父の印象はいい匂いのする怖い顔のおじさんって感じでした。

建設会社の代表をしているのですが、仕事ばっかりしていて、悪い事をした時に出てきて僕をボコボコに殴る人って感じ。

まともにしゃべったことはなかった気がします。

 

その親父と近づくきっかけになったのが

僕が小学校4年生にあがる前 親父に「野球がしたい」と言った時でした。

「おぉ~、そうかそうか!」って親父の人生最大の笑顔はこの時に見た気がします。笑

 

その日のうちにホームセンターでグローブを買って、始めてのキャッチボール。

親父に始めて投げたボールで事務所の水槽を割ったところから2人の野球はスタートしました。

 

当時の僕は(今もそうだけど)太っていて

1/50スケールのカビゴンみたいな感じ(いまだったらたくさんモンスターボール投げられそう)

 

親父に蹴られながら名護市の21世紀の森公園のグランドを毎日 走ったことを覚えています。

 

熱血的な指導で

気付いたら家にバッティングマシーンが登場したり、庭にマウンドが出現したり。ほんとに毎日小学校のころは厳しく野球を教えてもらいました。

 

その甲斐あって 小学校5年生から高校生までずっと野球部でエースをしてました(ありがとう、パパ。笑)

 

試合に勝ったらめっちゃ喜んでお母さんに内緒で焼肉に連れてってもらったり、負けたら口を聞いてくれなかったり、練習をさぼったらボコボコにされたり

 

そんなこんなで親父とは野球を通してたくさんの想い出があります。

 

その集大成である高校野球最後の大会。

 

僕は最後の試合を僕は親父に見せることが出来ませんでした。

 

父「2回戦は仕事でいけない、次は絶対応援行くから3回戦まで残れよー」

そ「甲子園行くから、3回戦も来なくていいよ~」

 

試合を1番楽しみにしていた親父に見せることが出来なくて、それを謝ることも出来なくて、何となく気まずくて、高校3年生の時は親父を少し避けていました。

 

卒業式の日 そんな親父から手紙をもらいました。

モチベーションが落ちた時に今でも読みます。

 

宗一郎へ

卒業おめでとう。楽しかったか?よく頑張った。

俺は勉強が出来なかったから中学校卒業して、すぐに土方になった。バカだから土方しか出来なかった。あれはバカだよー。できらんぬー(出来そこない)って親戚にもたくさん言われた。だから今まで人生で誇れることなんてなかったけど、俺はお前が俺の息子であることが唯一の誇りなんだ。

お前が野球を始める前まで、俺は仕事しかしてなかった。会社を大きくして、家族に飯をくわせること。が男の役目であり、喜びだと思っていた。

でもお前が野球を始めてから 子育ての楽しさ知った。親として子供の成長を隣で見ることの何にも変えられない幸せを知った。お前のお陰で野球部のお父さんお母さんにもたくさん友達が出来た。今までよりも人生が本当に楽しくなった。

卒業してお前は琉球大学に行く。まさか自分の子供が琉大に行くなんて信じられない。お父さんのことをバカにしてた親戚は本当に驚くと思う。とっても気持ちいいな。(笑)

新しいたくさんのことを教えてくれてありがとう。俺が出来なかったことをたくさんしてくれてありがとう。

自慢の息子に負けないように、カッコイイお父さんであるためにお父さんも頑張るよーーー!

卒業おめでとう。

 

f:id:Kayosoichiro:20160823182310j:plain

 

この手紙があったからどんな時も頑張ることが出来たし、色んなことに挑戦することが出来ました。

 

どれだけ凄いと言われる方にお会いしても 最も尊敬できるのは親父なんです。

 

親父に認められたい。自慢されたい。

自慢の親父にいつまでも自慢され続ける息子でありたい。

 

そしてその親父に自慢されたいという僕にとって大切な価値観はいま、様々な経験によってもっともっと広がっています。

 

その話はまた今度。

 

カヨウ宗一郎

1994年10月28日生まれ

沖縄県名護市出身

屋部小学校 屋部中学校 名護高校を卒業。

日中関係の悪化を目の当たりにし、交流を通した平和の実現を目指して琉球大学観光産業科学部観光科学科に入学。地域興し、国際協力、インターンシップ、イベント運営、就活支援、観光大使などを経験。現在 4年生(1年間休学をしていたので2018年3月に卒業予定)

 

学生団体:Movement 代表

(一社)沖縄大学コンソーシアム 沖縄学生会議 副代表

沖縄国際映画祭学生応援団連合会 会長

沖縄学生観光コンソーシアム 代表

名護観光大使 第6代目ガジュマル王子

沖縄テレビOTV)098TV 制作スタッフ

G1カレッジ2016 沖縄県コミュニティーリーダー

 

好きな言葉

世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。

全ての原因、我にあり。

 

趣味

マリンスポーツ ゴルフ ドライブ カフェ巡り 

8月20日 カヨウ宗一郎ブログはじめたよ!

 

こんにちは。カヨウ宗一郎です。

f:id:Kayosoichiro:20160820230253j:plain

 

ご飯を美味そうに食べます。ご飯食べたい。もぐもぐ

汚い顔ですいません、整形します。

 

ブログをはじめてみました。

 

始めた理由は

 

再三 周りのブログをやっている友達にお前もやれと言われたから。

まえ、書いてみて楽しく感じてしまったから。

活動や経験の振り返りがしやすいなと思ったから。

書くって大切!!!!って思ったから。

 

っていう感じです。笑

 

まだまだ何も成し遂げたことはない男ですが

たくさんの方の応援のおかげで沖縄県の大学生界隈で「カヨウ宗一郎」という名前を多くの方に知って頂いております。

あるところでは「沖縄で1番有名な大学生」と言われているようで、恐縮です。

 

名前を覚えて頂いて、色んな所で

「カヨウさんだぁ~!頑張ってください!」

「いつも見てますよ~」 

「話し聞かせてください!」

 

などなど声をかけて頂くこともあれば

 

「嫌い」「ブス」「最近、太った?」「うるさい」「差別主義者」「中身がない」

 

などとお会いしたことのない方にネットで叩いて頂くこともしばしば。。。笑

 

両方 とっても嬉しいです。

 

ただよく

 

「結局 なにをしているのか?」

「なぜ しているのか?」

「なにをしたいのか?」

 

といったことを両方から聞かれます。

 

そういったTwitterFacebookではなかなか伝えづらい

 

カヨウ宗一郎の 

軸 価値観 ビジョン 昔の話 今の話 リアルな悩み 考えていること 悩んでいること 落ち込んでいること etc.

 

なんでも書いてみたいと思っています。 

 

そんなところから カヨウ宗一郎 のことを少しでも理解して頂けたら、よろしければ好きになって頂けたらというのもブログを始めた理由です。

 

今日からゆるーく書いていくので、よろしくお願いします。

1回目なので読みづらかったりすると思いますが、これから頑張っていきます。

 

ブログを前からやっているみんな教えてね。

 

自己紹介

1994年10月28日生まれ(まだ21歳だよ、ほんとに)

沖縄県名護市生まれ

名護市立屋部小学校→市立屋部中学校→県立名護高校→琉球大学観光産業科学部観光科学科いま4年生(去年、休学していたので5年生で卒業)

 

小中高校 通して 生徒会役員、生徒会長、学級長、生き物係をやっていた。

小学校4年生から大学1年生まで野球部に所属。小中高は副キャプテン ポジションはピッチャー(小学校からエース番号背負ってたのよ!ほんと!)

*強くはなかった。笑

 

高校時代、日中関係悪化の報道と実際の現地の空気とのギャップを感じた。

報道だけで国の印象、人の印象を決めるのではなく、実際に交流を通してお互いのギャップを埋めるべきだと考えた。

交流平和産業である観光で 沖縄を世界平和のロールモデルへ。世界の観”幸”地へ。

というビジョンを持って 琉球大学観光科学科になんとか合格。(もぉ~大変だったんだからね。。。)

 

国際協力ボランティア、学生団体、インターンシップ、選挙活動、イベント運営 etc

 

多くの厳しくも優しい頼りになる 素晴らしい仲間たち、大人たちとの出会いによってたくさん成長させて頂いております。もっと頑張ります。

 

中学校時代の貧困経験、基地で揺れる沖縄県名護市に生まれたこと、そして今の沖縄の現状(生活保護受給率、子供の貧困、児童虐待、DV、補助金依存経済 etc.)、日本のいま

 

カヨウ宗一郎にしか出来ないことを人生かけてやっていきます

 

 

趣味

マリンスポーツ ゴルフ(まだ下手) ドライブ カフェ巡り 野球 人と話すこと

 

好きな言葉

世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。

全ての原因、我にあり。

 

 

琉球大学観光産業科学部観光科学科 観光政策研究ゼミ

学生団体Movement 代表

(一社)沖縄大学コンソーシアム 沖縄学生会議 副代表

沖縄国際映画祭学生応援団連合会 会長

沖縄観光学生コンソーシアム 代表

名護観光大使 第6代目ガジュマル王子

沖縄テレビOTV) 098TV 制作スタッフ

G1カレッジ2016 沖縄県 コミュニティーリーダー

 

これから ブログでもよろしくお願いします♪