カヨウ宗一郎のブログ

朝 おはようって、夜 おやすみって言える人が居るのって幸せだよね。

「親友から学んだこと~○○な人こそ成功する説〜

お久しぶりです。カヨウ宗一郎です。


前回の更新からかなり過ぎてしまいました。

更新しない間に
アメリカと宮古島に行ってきました。

f:id:Kayosoichiro:20160912214716j:plain

 

写真はグランドキャニオンでの今シーズンナンバーワンの一枚。笑

 

死ぬほど遊んだ♪ たのしかっぱ~~~♪

 

 

さて今日は

 

僕の親友について

なぜ、親友の話?

親友から学んだこと~◯◯な人は成功するんだろう~

 

のお話をします。

 

僕のブログはずっと僕の周りの人を褒めるブログになってしまうのではないかと不安です。笑

 

親友とはなにか?
ウィキペディア兄さんによると「とても仲が良い人。」 だそうです。(笑) ざっくり

 

僕の親友について

僕は幸運なことに

同級生 先輩 後輩 関わってくれた人がみんな素晴らしい人なんです。

自慢は少ないけどこれは自慢できること。

 

両親、家族、屋部のみんな、名護高校のみんな、大学の友達、たくさんのことを教えてくれる社会人の方々、先輩、後輩 

 

みんな尊敬しているし(みんなではないかw)

 

だからみんな大好き!なのだけどあえて親友を挙げなさい!と言われるなら

 

大城光平(幼稚園から)
岸本匠 (幼稚園から)
大城壮 (高校から)

荻堂盛生(高校から)
上原崇利(大学から)
儀間勇樹(大学から)


この6名かな~~~

僕にはこの6名の大切な親友がいます。全員には共通点があります。

きっと成功する6名です。覚えてください。

 


ちゃんと本人には言ったことないし、いつも毎日一緒にいるわけでもないのだけど。

 

みんな好きだから友達と親友の違いの具体的な定義もないのだけど、頭に浮かんだのがこの6名で、多分相手も思ってくれているだろうなと。


俺の結婚式は誰が喋るのかな~~~

おれの奥さんだれかな~~~


全員とのエピソードを書いたら、読むのに1285438日かかるのでやめときます。笑

 

なぜ、親友の話?


最近アメリカ留学中の親友:儀間勇樹とまるまる1週間ずっといて


やっぱり好きだなーと思ったのと、色々と自分の感じたことを整理すると”親友”というキーワードが自分の中で出たのだ。

 

儀間の話

 

 

f:id:Kayosoichiro:20160912214806j:plain


こいつね。笑

 

まだ儀間勇樹という男の事を知らない方はぜひ覚えてください。
賛否ある奴ですが、いつか必ず沖縄を代表するなにかしらになっています。


儀間とは去年 Movementという団体を立ち上げて 1200名を動員したMovement2015というイベントを開催しました。
最高のメンバーと周りの皆さんのサポートに本当に感謝!!!

Movement Facebookアカウント

https://m.facebook.com/movnment1115/

Movement Twitterアカウント

@movement1115

 

Movementの話は今度するとして。笑

 

儀間との出会いは2015年の1月 某イベントの打ち合わせでした。


初めて会った時にビビッときたんです。

 

 

 

 

 


「こいつ嫌い」

 

 

って。笑

 

承認欲求、自己顕示欲、知ったかぶり、自信過剰、自意識過剰、思いやりの欠如etc.

 

人に嫌われるために生まれてきた、人に嫌われる要素の塊、意識高い系大学生のオバケみたいな第一印象でした。


そんな最悪の第一印象から3か月後の3月26日。

彼からLineがこう来ました。

 

「沖縄 動かさん!?」

 

もうあまりにも気持ちが悪いのでブロックをしたわけですが。冗談


ここからの詳しい話はいつか「Movemenってなに?」で書きますね。


そんな第一印象の儀間とも
2人で腹をくくって1000名規模のイベントを開催するために喧嘩も愚痴の言い合いも本当にたくさんのことを一緒にして、闘って、走り抜けて、いまは親友となりました。

 

儀間は僕が知っている同世代で1番純粋な男です。

某会社会長との面談中の話。

 

儀間「学生時代にこれだけはするなということはありますか?」

 

会長「意味のないことをしないこと。だから自分だけが気持ち良いオナニーだけはするな」

 

会場の全員が自己満足のための活動をせず、しっかりと意味のあることをしろ!というメッセージを受け取りましたが、儀間は違いました。


彼のスケッチブック(かなり大きいスケッチブックを謎にいつも持ち歩いています。)には

「これから一生オナニーしない」という決意が書かれています。

 

儀間は純粋で世間知らずで、賢くないという取り柄を活かして

 

【めっちゃスケールがデカい】のです!

 

儀間はよく

世界一になるためには とか おれは70億人背負うのか~とか言います。

 

カヨウ宗一郎という人間の小ささを儀間は教えてくれます。


そんな純粋な儀間は結構 凄い奴で
原チャリで日本縦断したり、プレゼンの大会でアジアナンバーワンになったり、今はシリコンバレーで色々とやっていたり。


まぁ、そんなことはどうでもいいとして。笑

 

 


儀間が凄いのは

「見返りを求めずに、誰にでも激しく与えることが出来る最強の人たらしであること」


これが本当に凄い。

 

僕は今回アメリカに
1人暮らしのアパートから60キロ離れた実家に帰るくらいのテンションと準備で行ったのだけど

 

住むところはもちろん、おすすめの観光地、食べ物、そこへいくための交通手段も全て用意してくれた

(僕が逆の立場なら確実に抹殺している)

 

しかも9月はあと2人も1週間ずつ受け入れるらしい。(僕だったらメキシコに亡命している)

 


儀間は普段 天然なキャラクターで 正直あほっぽい。

 

だけど儀間は母子家庭の長男としての顔を持っている。

 

周りには言わないけど
お母さんを支えるために、家族を喜ばせるために本気で頑張っている。

 

結構 というか かなりきついはずだけど愚痴や弱音を聞いたことがない。

 

最高の息子であり、最高の兄であり、カッコイイ男だ。


先日、儀間は海外旅行に行ったことのないお母さんに海外旅行をプレゼントした。
そして今年の正月もお母さんを海外に連れていくようだ。

 

また儀間自身が進路選択の際に、もっと世界を知りたかったという理由で来年 高校を卒業する妹を海外へ連れていくそうだ。


プレゼントのバリエーションが海外だけという感じは儀間っぽいのだけど。

 

妹にマイケルコースの時計をプレゼントすることでさえ渋っている僕に比べると。。。


また沖縄にいるときは儀間が通う名桜大で名桜大生のために自身は活用出来ない奨学金を作ったりと、様々な制度や仕組みを作った。


僕をもてなすこと。
家族とはいえ、海外旅行に連れていくこと。
自身は活用出来ない自分が知らない誰かが使う制度・仕組みを大学に作ること。


何一つ 儀間にとってメリットはない。むしろ労力を使ってマイナスだ。


そんなことを当たり前に、見返りを求めず、それも激しく出来る。最強の人たらしなのだ。

 

 親友の共通点~◯◯な人は成功するんだろう~

 

僕の親友は全員違ったタイプ、真逆のやつもいるけど

 

「見返りを求めない最強の人たらし」という共通点がある。

 

僕は彼らに比べると これだけしたから見返りくださいよ。てきな所がまだある。

 

だから僕にとってみんなに会うたびに刺激になるし、こういう人間になりたいと強く思う。

 

彼らにはたくさんの信者がいる。 

 

儀間は儀間教と言われるくらいで、彼のマネをしてスケッチブックを持ち歩いている名桜生を何人も見た。

  

大城壮は毎回 集まりに呼ばれる。みんなに愛されている彼がいないと会が盛り上がらないのだ。

 

なぜ、僕の親友「見返りを求めない最強の人たらし」達が成功すると思うかというと

 

それはどこに言っても彼らの噂を聞くからだ。

 

戦略的にこの人にこれをしたら、これだけのリターンがあるぞ。っていう風な生き方をしている友達の友達界隈なんて知れてるし、噂を話す人も限られてる。

 

もしくは与えることをしていない友達の友達の数や、噂を聞く回数なんてほとんどない。

 

でも、彼らの噂は本当に謎な界隈から聞くこともある。

 

ネットワーク自体に価値はなく、誰かに対して激しく与えた結果にこそ価値がある。と様々な活動を通して僕は思う。

 

加えて

自分だけが得をするためにネットワークを使うこと と 誰かを幸せにするためにネットワークを使うこと 

 

二つのネットワークの広がり方の違いとそもそもそのネットワークの価値の違いも感じる。

 

彼らはそれを知っているもしくは意識せずとも出来るのだと思う。

 

「与えること」の重要性は知っている人が多いと思うけど、なかなか出来ている人は少ないのではないだろうか? 僕もそうかも。

 

「まず見返りを求めず、激しく与えてみること」=「最強の人たらしへの近道」

 

与えることには本当に力があると思う。

 

人生のどん底 彼女にふられる、失敗するなどなど の時に 僕を助けてくれたのは、僕が過去に何かしらを与えた人たちだった。

 

イベント運営、プロジェクト進めるときも辛いときこそ敢えてまず与えてみると

100倍のリターンをもらうときもある

 

最強の人たらし is  最強に最幸の人

 

リターンとか考えずに

親友たちのマネをして僕も激しく与える人間になる!!!頑張るん!!!

*ただのいい人にならないように。

 

ありがとうございました。

 

カヨウ宗一郎
1994年10月28日生まれ
沖縄県名護市出身
屋部小学校 屋部中学校 名護高校を卒業。
日中関係の悪化、報道と現地のギャップを目の当たりにして、交流を通した平和の実現を目指して琉球大学観光産業科学部観光科学科に入学。現在、4年生(昨年、休学していたので5年生で卒業)
学生団体 Movement 代表
(一社)沖縄大学コンソーシアム 沖縄学生会議 副代表
沖縄国際映画祭 学生応援団連合会 会長
名護観光大使 第6代目ガジュマル王子
沖縄テレビOTV) 098TV 制作スタッフ
G1カレッジ2016 沖縄県コミュニティーリーダー
株式会社パラドックス インターン
好きな言葉
世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。
全ての原因、我にあり。
趣味
マリンスポーツ ゴルフ(まだ下手) ドライブ カフェ巡り