カヨウ宗一郎のブログ

朝 おはようって、夜 おやすみって言える人が居るのって幸せだよね。

カテゴリーが絶滅するとは?~私たちに出来ること~

 

カヨウ宗一郎です。

前回のブログも読んで頂きありがとうございました。

 

今日の内容は

沖縄が好きだ!沖縄に貢献したい!沖縄を盛り上げたい!という方には是非とも最後まで読んで頂きたいです。

 

突然ですが

皆さんはカテゴリーが絶滅することについてピンときますか?

 

例えば いまヤンバルクイナ絶滅危惧種に指定されていますね。

これは鳥類の中のヤンバルクイナという一種が絶滅しそうだということです。

 

では、カテゴリーが絶滅するとはどういうことか?

それは ヤンバルクイナだけでなく鳥類すべてが地球からいなくなってしまうこと。鳥類が絶滅すること。

これがカテゴリーが絶滅するということなんです。

 

この危機的な状況(カテゴリーが絶滅してしまいそう)なものがあります。

 

 

それがサンゴです。

 

いまのままいくとサンゴが2070年には絶滅すると言われています。(やばい)

 

f:id:Kayosoichiro:20161018160745j:plain

 

この綺麗な沖縄のサンゴ、世界中のサンゴが絶滅するかもしれないのです。

 

今日はその話をさせてください。

 

1.サンゴって綺麗なだけでしょ?

 

2.絶滅するかもしれない原因はなに??

 

3.我々に出来ることはないのっ!?

 

に分けて書いていきます。

 

 

1.サンゴって綺麗なだけでしょ??

 

サンゴがたくさんある海はとっても綺麗で泳いだり、見ているだけでもとても幸せになりますよね♪(慶良間諸島で綺麗すぎるサンゴ礁を見た感動が今でも忘れられない)

 

でもサンゴは綺麗なだけでなく、物凄い力を持っています。

 

まず知って頂きたいのは

 

世界中の海の面積を100とすると、サンゴの面積は1しかないんです。

 

そして

 

その1のなかに世界中の約80%の魚が住んでいるのです。

 

つまり

サンゴが絶滅する=魚が激減する

ということなんです。

 

ちなみに

沖縄のきれいな白い砂浜はブダイ(イラブチャーとか)が、サンゴを食べてそれをフンとして出しているものなんです。(1匹年間2トン出すらしい。凄すぎ) 砂浜もなくなっちゃうかも。。。

 

加えて

サンゴは合成をします(二酸化炭素を吸収して酸素に変えてくれる)

 

その酸素を排出する量が木の8~16倍とも言われています(サンゴ凄すぎ!!)

一説には地球上の70%近い二酸化炭素をコントロールしていると言われています。

 

サンゴは魚が育つためのお家であるし、私たち人間が生きていくための空気清浄機というか空気製造機?的なただ綺麗だけじゃない圧倒的な力を持っているのです。

 

人類にとって、地球環境にとって非常に大事なんです。

 

2.絶滅するかもしれない原因はなに??

 

色々とあるようですが

埋め立て

赤土流出(赤土を被って光合成できない)

水質汚染(綺麗な海でしか生きられない)

気候変動(水温が28度以上だと生きられない)

オニヒトデ(気候変動が影響?)

 

だと言われています。

 

沖縄の皆さんに知ってほしいことは

 

f:id:Kayosoichiro:20161018163027j:plain

久米島ハテの浜。もう一回行きたい)

 

沖縄と言えば?と聞かれたら

「青い空、青い海、白い砂浜」と答える人がほとんどだと思います。

沖縄県も1975年の海洋博以来、このようなプロモーションをしてきました。

 

 

しかし、この綺麗な海を守るための下水処理場などの整備がほとんどされていなくて、海に垂れ流されている現状があります。

 

都合のいい時だけ、自分たちの綺麗な海!じゃなくてどうやってこの自分たちの綺麗な海をずっと残していくのかを考えたいですよね。

 

このままだと

当たり前にあった綺麗な海が、当たり前に消えていって、当たり前に忘れられてしまいます。

 

3.我々に出来ることはないのっ!?

 

僕にこのサンゴの現状を教えてくれたのは

f:id:Kayosoichiro:20161018164418j:plain

 

(有)海の種 代表の金城浩二さんです。(写真は昨年 開催したMovement2015で登壇して頂いた時のもの)

 

金城さんは沖縄県読谷村で小さな海を創りました。

f:id:Kayosoichiro:20161018165108j:plain

先日もお邪魔してきました♪

 

金城さんは

1998年 サンゴの大規模白化を目の当たりにして

「サンゴを無くしちゃいけない。」といってサンゴを増やす事業をはじめました。

 

自然保護団体・その他団体の圧力、漁協との対立、貧困など様々な困難を乗り越えて、2004年に世界ではじめて養殖サンゴの産卵に成功。

青年版国民栄誉賞である人間力大賞(内閣総理大臣賞)を受賞されました。

 

岡村隆史主演の映画「てぃーだかんかん」のモデルになった方です。

 

 

金城さんは

「沖縄の海が綺麗な理由におれがなる」といつも言っています。

 

誰かのせいにするのは簡単さぁ~。サンゴまもれ~、海汚すな~っていうのは誰でも出来るわけよ。でもさ、赤土流出させてる人の中には、一生懸命 農作業してるおじ~、おば~もいるわけよ。一生懸命生きてるわけよ。その人たちって悪者かな~?って思うわけ。生きていく中で人って自然とか壊してしまうわけさ。それを自分は関係ない、壊している人が悪いってするわけ。でも俺は誰かのせいにしたくなかった。文句言うだけの口だけ人間になりたくないわけ。サンゴ守れって言ってる人、海汚すなって言ってる人たちで本当に守ってる人、綺麗にしてる人たち見たことないよ。

 

 

思想から行動を起こしているリアリストな金城さんは本当にカッコイイと思います。

 

そんな金城さんの想いに共感して昨年、クリンピックというゴミを集めて、その集めた量が多いチームが優勝してなんと賞金GET!というイベントに運営として参加させて頂きました。

 

賛否両論あるイベントですが、僕は素晴らしいと思います。

 

賞金が欲しいからという理由で参加したっぽい、やんちゃそうなお兄さんたちがイベント終了後には「こんなにゴミがあると思わなかった」って言うんです。

 

入口はどうあれ、ごみが違法にたくさん捨てられていること、海が汚れていることが自分事になったんです。

 

 

金城さんは言います。

自分たち1人ひとりが諦めたら終わりだよ~。1人ひとりが自分にもできる!と思うことがみんなが最初に出来ることじゃないかな~?綺麗な海、綺麗な沖縄を一緒に創ろ~。都合のいい時だけ沖縄好きっていうのやめよう。

 

 

そんな金城さんと面白いことを企んでいます。

10月26日 18:00~21:00 @琉球大学

 イベントページ

https://www.facebook.com/events/517048541827549/?ti=icl

 

講演会+交流会(作戦会議)を行います。

 

沖縄が好き!沖縄を盛り上げたい!と思っているみんなと一緒に面白いことしたいです!26日、みんなで作戦会議しましょう。

 

少しでもやばいな!とか自分も何かしたいと思った方がいれば一緒にやりましょう!

現状30名くらいの学生(県内全大学から来ます)が集まる予定です。

 

多ければ多いだけ盛り上がりますので♪

 

大好きな沖縄を。大好きな沖縄の海を

都合のいい時だけじゃなくて、どんなときも好きであり続けるために、子供たちに残せるように僕に出来ることを頑張っていきます。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

カヨウ宗一郎 「沖縄で1番有名な大学生」
1994年10月28日生まれ
沖縄県名護市出身
屋部小学校 屋部中学校 名護高校を卒業。
日中関係の悪化、報道と現地のギャップを目の当たりにして、交流を通した平和の実現を目指して琉球大学観光産業科学部観光科学科に入学。現在、4年生(昨年、休学していたので5年生で卒業)
学生団体 Movement 代表
(一社)沖縄大学コンソーシアム 沖縄学生会議 副代表
沖縄国際映画祭 学生応援団連合会 会長
名護観光大使 第6代目ガジュマル王子
沖縄テレビOTV) 098TV 制作スタッフ
G1カレッジ2016 沖縄県コミュニティーリーダー
株式会社パラドックス インターン
好きな言葉
世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。
全ての原因、我にあり。
趣味
マリンスポーツ ゴルフ(まだ下手) ドライブ カフェ巡り