カヨウ宗一郎のブログ

記念日は大切にするタイプです。

彼女にフラれたこと。

 みなさんこんにちは。カヨウ宗一郎です。

前回もたくさんの皆さんに読んで頂き嬉しいです。ありがとうございます!

 

f:id:Kayosoichiro:20171205123542j:image

 

Sarahahにてこういう質問がきました。

 

この質問に対して僕は

なぜ落ち込んでいるのかを考えたら解決する。

とお答えしたのですがどういう意味?詳しくと言われたので詳しく書きます。

 

僕はだいたいの人は落ち込んでいることを落ち込んでいるとだけ認識して、なぜ落ち込んでいるのかをしっかり考えて、どうやったら元気になるかを考えていないと思うのです。

そして時間が解決してくれるけど、また同じことで落ち込んで、また時間が解決するのを待っている人が多いと思うのです。

 

 

僕はまともに就職活動はしていないのですが

内定をもらった東京の大手人材R社での役員面談で1番盛り上がったのが

 

【人生で1番落ち込んだエピソードは?】という話題でした。

 

僕は『彼女にフラれたこと』です。と答えました。笑 

でも本当にこれが23年生きていた中で1番落ち込みました。笑

 

 

大学に入学してから行われたオリエンテーション

顔を見る前に名前が可愛いくて名簿の中で1人だけ光って見えました。笑

 

実際に見た目も性格もとっても素敵で頑張ってアプローチしまくって、付き合うことが出来ました♪

 

そこから2〜3年近く?お付き合いをさせて頂きました。

ちなみに僕は一人暮らしで彼女の家も融通が利く?頑張って適当な理由をつけて家を出ていた?のかわからないけど、ほぼ毎日一緒にいる2〜3年でした。

かなり愛してくれる方だったので喧嘩も多かったけど、趣味も合ったり好きなことが一緒だったり本当に楽しい日々でした!!!

 

 

しかし

ある日突然「好きな人が出来た」と言われてフラれました。

彼女の中では色々あったのだと思いますが、気づかなくて(気づいてたらフラれてないか) だからほんと突然って感じで!笑

 

そして間髪入れずに相手に彼氏ができて段々と別れたんだ〜と実感が湧いてきて 灰みたいになって死ぬほど落ち込む日々が2週間くらい続きました。

 

どれくらいかというと

 

宜野湾の胃袋って言われるくらい普段はよくご飯を食べるんだけど、全然喉を通らなくてりんごジュースでしか栄養を摂取出来ない生活が続いたり

 

悲しすぎて(心が苦しいとはこのことかと思った) 夜 眠れなくて2週間の合計睡眠時間が17分くらいでした。笑

 

もうほんとにどうしようもなく辛すぎて生きてけない!とかどうなるのかなと思ったんだけど、まぁ、どうにか元気になりたいと思って。笑

 

なぜいま落ち込んでいて、どうしたら元気になれるのかを考えはじめました。

 

そこでそれまで

『フラれたから落ち込んでいる。』

 

と認識していたものをなんでフラれたことで落ち込んでいるのかを考え始めたんです。

 

2〜3年付き合っていて、ほぼ毎日一緒にいて、好きでいてくれて、喧嘩もあったけど楽しかった。

 

この中で

一緒にいる人がいないことが辛いのか?

2〜3年 彼女にしてきたことが全て無駄になったのが辛いのか?

喧嘩したり、自分のことを本音で語れる相手がいないのが辛いのか?

 

とかたくさん考えて

 

僕が落ち込んでいる理由は

『自分のことを求めてくれる人間がいなくなったこと』

 

でした。 

 

彼女は毎日僕といてくれて遊ぼうとか会おうとか本当に毎日僕という人間を求めてくれてそれが大変だった時もあったけど、やっぱり嬉しくて僕にとっては自分の自信というかモチベーションになっていました。

 

求めてくれる彼女を喜ばせるために色々なことをやりたくなって、そのためにたくさんのことを元気に頑張れていたんです。

 

それがなくなってなんのために頑張っていいかわからないから元気がないんだと。

 

その時に

『フラれて落ち込んでいる状態』と認識していたものが

 

『自分を求めている人がいなくなって、なんのために頑張ったらいいかわからない状態』という認識に変わったんです。

 

 

そこからの立ち直りは早かったです。

まず彼女が僕を求めてくれたのは僕が彼女のために色々と頑張っていたからだと思って

 

アルバイト先で死ぬほど頑張りました。

全くやる気のないアルバイトだったのに突然 社畜の如く 働くから最初は相手にされなかったけど、1ヶ月を過ぎたあたりから

『最近変わったね。これそーいちろーにしか出来ないからよろしく』 

『頼りにしてるよ』

『カヨウがいないと不安だ』

『一緒に仕事してると楽しい』

 

そうやって僕のことを求めてくれる人が増えるようになりました(以前までの働き方では考えられない)

 

そこからバイト先だけじゃなくて

色んな所でまずはじめに自分の出来ることは何かな?と考えて積極的に動くようになりました。

 

すると各方面から

『カヨウ宗一郎に任せてよかった。いてくれて助かった』

という言葉を頂けるようになりました。

 

そうこうしていると彼女のことなんてのは自然と忘れていきました。

 

僕のモチベーションは

誰かに求められていること。

そしてモチベーションが低い時はそれを感じられていない時なんです。振り返ると全部そうなんです。

そんな時はアルバイトの経験からまず自分から誰かのために動いてみる。たとえすぐには結果が出なくても自分なり意義付けをして続けていれば必ず誰かが僕のことを認めてくれる。

 

 

いまになって

彼女にフラれて、落ち込んで元気になるためにやってきたなんで落ち込んでいるのかを考え続けたこのことが就職活動の準備で必要だと言われている自己分析だと気づきました。

 

ちなみになぜ

R社の役員が落ち込んだエピソードを聞いたかというと(大人の質問には意図がある!)

 

カヨウ宗一郎という人間はどういうことでモチベーションが下がって、どうやったらモチベーションをあげることが出来るのかを知るためです。

 

就職活動において落ちる理由は2つだそうです。

それは『合わない』or『わからない』

 

この人がこの会社に合わないで落ちるパターン

 

もう1つが結局この人がどんな人なのかわからない。

 

わからないとなぜ落ちるかというと

日本の新卒採用の制度だと採用したあとに育てて、結果を出せるようになるまでにコストが相当かかります。

そのリスクを取るよりは落とそうとなるわけです。

 

そして

新卒採用において落ちる理由の8割が『わからない』でだそうです。

 

もし仮に

行きたい会社があって、そこと本当はベストマッチなのに自分をうまく伝えられないがために落ちるのは残念ですよね。

 

そして

本当は合わない会社なのに自分のことを知らないから入ってしまって後悔することもあると思います。

 

僕の話をすると

彼女とは彼女にフラれて別れてしまいましたが、その時フラれてなくても多分別れていたなと思います。

それは僕の生き方と彼女の求めることのミスマッチが明らかにあるから。

 

なんでそれがわかるかというと徹底的に自己分析して、僕がどういう人間かを理解しているからなんです。

 

 

どうせなら合う人と付き合いたいし、合う会社に入りたいですよね。

 

実は彼女にフラれなくても

徹底的に自己分析をすることができる機会があるんです。笑

 

それが僕がインターンシップをしているトポセシア( https://t.co/HY9xlOSJtc?amp=1)が提供している

 

【VISIONS +CAMP】です。

テーマが2日間で就活の準備が終わり。

 

なんです。笑

 

5000人以上のエントリーシートを見てきた元リクルート 人事のキャリアコンサルタントの方。

 

企業の採用の裏側を作る採用を知り尽くしたコピーライター兼 広告制作ディレクター。

 

リクルートの役員。

 

そんな3名が講師。

 

そして県内外の業者業界の異なる社会人がメンターとしてついてくれます。

 

こういった夢のような機会が今回のキャンプなんです。

 

徹底的に自己分析を、しかも様々な社会人からフィードバックをもらいながら出来る。

 

様々な社会人の働き方に触れ、自分のロールモデルに出会える。

 

就活に対して前のめりな就活仲間が出来る。

 

なかなかない機会ですよね。

 

第一回目が12/16〜17に開催されますが、残り席わずかのようです。(早めの応募を!)

 

 

詳細&申込

http://topothesia.jp/event/今年度初開催!第5回visionscamp/

 

わからないことあれば聞いてくださいください!

 

最後 宣伝ぽくなった、というか宣伝か!笑

 

でもやっぱり徹底的な自己分析は就活生じゃなくても大事だと思っていますし、それを徹底的にやる機会として活用してほしいです。

 

 

本日もありがとうございました!

 

カヨウ宗一郎 「沖縄で1番有名な大学生」
facebook https://m.facebook.com/souichirou.kayou
Twitter @souichi_kayou
Instagram soichi_kayo
1994年10月28日生まれ
沖縄県名護市出身
屋部小学校 屋部中学校 名護高校を卒業。
日中関係の悪化、報道と現地のギャップを目の当たりにして、交流を通した平和の実現を目指して琉球大学観光産業科学部観光科学科に入学。東南アジアでの国際協力や国会議員秘書を経験。沖縄県内の大学生約5%に当たる1000名を動員したMovementというトークイベントを2年連続で開催。現在、5年生(今年度卒業)
学生団体 Movement 代表
(一社)沖縄大学コンソーシアム 沖縄学生会議 副代表
(株)リアンズ沖縄 事業推進マネージャー
沖縄国際映画祭 学生応援団連合会 会長
名護観光大使 第6代目ガジュマル王子
沖縄テレビOTV) 098TV 制作スタッフ
G1カレッジ2016 沖縄県コミュニティーリーダー
株式会社パラドックス インターン
好きな言葉
世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。
全ての原因、我にあり。
趣味
マリンスポーツ ゴルフ ドライブ カフェ巡り