カヨウ宗一郎のブログ

青色が好きです🔵

【沖縄とは何だろうか。〜県民大会に参加して〜】

 

カヨウ宗一郎です。

前回も読んで頂き、ありがとうございました。

 

8月11日 奥武山公園陸上競技場で開催された 『辺野古新基地建設断念を求める8.11県民大会』に参加してきました。

 

f:id:Kayosoichiro:20180813002337j:image

 

f:id:Kayosoichiro:20180813002326j:image

 

台風が近づいている中で荒れた天気となってしまいましたが、主催者発表で7万人の県民が参加していたそうです。凄い人の数でした。

 

冒頭では8月8日に急逝された翁長雄志知事を悼み、参加者全員で黙祷が捧げられました。

 

生前の知事の言葉や、様々な弁士の皆さんの言葉に

 

『沖縄とは何だろうか』

 

私にとってそんなことを改めて考える機会となりました。

 

 

 

『どうして名護市長選挙で渡具知武豊市長の青年部長を務めた嘉陽さんがこの場にいるんですか?』

 


県民大会の直後、記者の方からこんな質問をされました。

 

なぜそんな質問をされるんですか?と逆に質問してみると

 


『いわゆる保守と言われる枠組みの中で活動する人がこんな場に来るのは意外でした。』

 


とのことでした。

 


たしかに私は先の名護市長選挙において、自民党公明党・維新の会が推薦する渡具知武豊さんを市長とするべく青年部長として活動しました。

 


そして非常に多くの支援を頂き、渡具知さんは当選することが出来ました。

 


選挙期間中、私も本当に頑張りました。

だからこそわかることがあります。

 


それは渡具知さん支援=辺野古容認ではないということです。

 


辺野古は反対だけど、このままの名護では良くないと思うから、渡具知さんに入れるよ。でも辺野古は容認じゃないからね。」

 


この言葉を選挙期間中、沢山の市民の皆さんに言われました。

 

 

 

基地問題については以前 書いているブログがありました。

http://kayosoichiro.hatenablog.jp/entry/2017/12/10/170046

 


渡具知さんを市長にするために活動した者である私は、政治家でもなんでもないけれど

 


基地に反対する皆さんの声ともしっかり向き合っていく責任があると勝手に感じています。

 

 

 

沖縄の基地問題

必要・不必要をこえた本当に難しい問題だと理解しています。

 


だからこそ沖縄の本音、感情の部分にどれだけ寄り添って、その中で答えを出すことが出来るのかが重要だと思っています。

 


自民党が推薦する候補が勝ったから

辺野古容認、推進。こんな乱暴な、傲慢なやり方ではダメです。

 


辺野古を進めるにしても

しっかりと誠意を持った姿勢で臨むことが必要です。

 

 

 

『ぐすーよー、まきてぇーないびらんどー』

(皆さん、負けてはいけませんよ)

 


生前、翁長知事が県民に残した言葉の1つです。

 


沖縄の様々な歴史、現状を踏まえた上で出てきた重たい言葉だと理解しています。

 


僕が関わった選挙では翁長知事と毎回違う陣営でした。


しかしながら沖縄に対して強い意志で、信念を持って、県政運営にあたられた姿勢は政治家として、なにより1人の人間として尊敬しています。

そして志半ばでご逝去されたことに、ただただご冥福を祈るばかりです。

 

f:id:Kayosoichiro:20180813002330j:image

 

沖縄とは何だろうか。

誰のために、何のために、どうあるべきか。

 


そんなことを問い続ける毎日です。

 

2018年8月13日

嘉陽 宗一郎

カヨウ宗一郎 「青色が好きです。」

facebook https://m.facebook.com/souichirou.kayou

Twitter @souichi_kayou

Instagram soichi_kayo

1994年10月28日生まれ 沖縄県名護市出身

屋部小学校(2007年卒業)

屋部中学校(2010年卒業・62期)野球部副キャプテン

名護高校(2013年卒業・68期)生徒会長・野球部副キャプテン

琉球大学観光産業科学部(現:国際地域創造学部)観光科学科(2018年卒業)学科長・下地芳郎ゼミ所属(ゼミ長)

 

高校時代に日中関係の悪化に対するニュース報道と実際に現地に訪れてのギャップを目の当たりにし、交流を通した相互理解の促進、そして世界平和の実現を目指して琉球大学観光産業科学部観光科学科に入学。

在学中に東南アジアで国際協力や県外大手企業でのインターン、国会議員秘書などを経験。

沖縄県内の大学生約5%に当たる1000名を動員したMovementというトークイベントを2年連続で開催。全国47都道府県・世界30カ国周遊。2018年は名護市長選挙において渡具知武豊候補(現名護市長)の選挙対策本部青年部長を歴代最年少で務めた。沖縄の若者オピニオンリーダーとしての立ち位置でテレビ、新聞、ラジオにも多数出演。

 

関心事は

政治、経済(特に観光系)、キャリア、恋話

 

リアンズグループ CEO付

株式会社 リアンズ沖縄 事業推進マネージャー

株式会社 KOUKEN 取締役

株式会社 X Health 取締役/CMO 

(その他)

ピンクドット沖縄2018 実行委員

沖縄国際映画祭 学生応援団連合会 初代会長

名護観光大使 第6代目 がじゅまる王子

 


 

好きな言葉

世の中で見たいと願う変化にあなた自身がなりなさい。

全ての原因、我にあり。

 

趣味

ゴルフ マリンスポーツ 旅行(世界30カ国、47都道府県制覇) カフェ巡り